SP水曜劇場 今日のウェルカムボード その138

SP水曜劇場第145回・豪玉万里紀行Ⅱ『やってきたゴドー』上映終了致しました!
不条理ながらもどこかリアルな現実感の漂う会話劇、お楽しみいただけましたでしょうか。

放送中に皆様から頂いたツイッタブルツイートをコチラにまとめてありますので宜しければ是非ご覧くださいませ→SP水曜劇場・豪玉万里紀行Ⅱ『やってきたゴドー』ツイート集

また本作品は5月5日から11日まで再放送(平日22時〜、土日24時〜 http://kan-geki.com/sp-theatre/)をお送りします。
まだご覧になっていない方、もう一度ご覧になりたい方も是非お楽しみ下さいませ!

そしてSP水曜劇場恒例のfreestyle studio「金毘羅」入り口のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ!


チョークアートNo.137・豪玉万里紀行Ⅱ『やってきたゴドー』 です。
恒例のnookworksさんがフライヤーのフライヤーの不可思議なコラージュをイラスト化して下さいました。
チョークアートにするとマグリットの絵画みたいで素敵!


こちらのチョークアートを使ったスチルを会場にお越しいただいた皆様にはご来場者プレゼントとしてダウンロードして頂けます。
コチラアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。
サイズはチョークアート画像はPCサイズ(1920×1080)、iPhoneサイズ(640×1136)、通常携帯サイズ(480×854)の3サイズになっております。

鑑賞の記念に皆様、是非DL下さいませ〜♪

SP水曜劇場第145回上映&放送のお知らせ


舞台映像上映会&Ustream放送番組

SP水曜劇場

毎月第1・3水曜日 午後8時
http://kan-geki.com/sp-theatre/



【第145回上映作品】豪玉万里紀行Ⅱ『やってきたゴドー』

世界的な不条理劇の古典であるベケットの『ゴドーを待ちながら』。
今なお待ち続けるウラジーミルとエストラゴンのもとに、ついに、そして意外にもあっさりとゴドーはやってきた!
別役実が50年後の彼らの姿を戯曲化。

豪玉万里紀行Ⅱが贈る爆笑必須のあの名作の後日譚、SP水曜劇場に登場!
ご期待ください!

【作】別役実
【演出】武谷嘉之

【出演】
松尾潤子、ペッペ、オオバカオリ
有馬里佳、永井嘉一、大西勝利
加門功、二ノ宮修生、衣川佳子、田中孝命 

【解説】武信貴行【アシスタント】西川さやか(月曜劇団

【上映概要】

 ①場所 大阪市大阪市ウラなんば・ビアバル・あるか→アるか地下「金毘羅」にて
       (開催場所が以前と変更になっております。ご注意下さい)
 
 ②日時 2016年5月4日(水)20:00〜 
      (再放送2016年5月5日〜5月11日 22:00〜、土日24:00〜)
      ※ 上演時間 2時間5分(上映時間95分・本篇前後に各15分程度のトーク・予告あり)
      ※ 配信URL→http://kan-geki.com/sp-theatre/

 ③入場料金  無料・カンパ制


SP水曜劇場 今日のウェルカムボード その137

SP水曜劇場第145回・KING&HEAVY『東京ブラストーリー』 上映終了致しました!
ご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました!
若手ユニットの注目株が贈るSFランジェリーバトルアクション!
その瑞々しい熱気、お楽しみいただけましたでしょうか?

放送中に皆様から頂いたツイッタブルツイートをコチラにまとめてありますので宜しければ是非ご覧くださいませ→SP水曜劇場・KING&HEAVY『東京ブラストーリー』ツイート集

また本作品は4月21日から27日まで再放送(平日22時〜、土日24時〜、最終日23:00〜 http://kan-geki.com/sp-theatre/)をお送りします。
まだご覧になっていない方、もう一度ご覧になりたい方も是非お楽しみ下さいませ!

そしてSP水曜劇場恒例のfreestyle studio「金毘羅」入り口のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ!


チョークアートNo.136・KING&HEAVY『東京ブラストーリー』 です。
恒例のnookworksさんがフライヤーのキモ格好いいスチルをハードボイルドなトーンでイラスト化してくださいました。
見てください、この精緻なタッチ!
…新宿(の映画館。昔のw)っぽいぜ!w


こちらのチョークアートを使ったスチルを会場にお越しいただいた皆様にはご来場者プレゼントとしてダウンロードして頂けます。
コチラアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。
サイズはチョークアート画像はPCサイズ(1920×1080)、iPhoneサイズ(640×1136)、通常携帯サイズ(480×854)の3サイズになっております。

鑑賞の記念に皆様、是非DL下さいませ〜♪

SP水曜劇場第144回上映&放送のお知らせ


舞台映像上映会&Ustream放送番組

SP水曜劇場

毎月第1・3水曜日 午後8時
http://kan-geki.com/sp-theatre/



【第144回上映作品】KING&HEAVY『東京ブラストーリー』

―あの日あの時あの戦場(ばしょ)で、君に逢えなかったら―
2040 年、東京。
かつての日本の中心は、下着会社間の開発競争から勃発した紛争の地となり、
結果チャコール社とシュリンプ社の2大企業による分割統治下にあった。
膠着しつつあった戦況を打開せんとチャコール社もといチャコール軍は女性用戦闘型ブラジャーを開発する。
その動きを察知したシュリンプ軍は・・・その戦争のなか、2人の男女が出会う・・・。

KING&HEAVYが贈るSFランジェリーバトルアクション、SP水曜劇場に登場! ご期待ください!

【作・演出】飯嶋松之助

【出演】
飯嶋松之助 伊藤駿九郎 和田崇太郎
塚本翔大(FM802)
岡田由紀 たはらもえ(劇団レトルト内閣)
亀井伸一郎(劇団カメハウス)
上田将平(神大自由劇場) 山咲和也(神大自由劇場)
川添公二(テノヒラサイズ) 

【解説】武信貴行【アシスタント】西川さやか(月曜劇団

【上映概要】

 ①場所 大阪市大阪市ウラなんば・ビアバル・あるか→アるか地下「金毘羅」にて
       (開催場所が以前と変更になっております。ご注意下さい)
 
 ②日時 2016年4月20日(水)20:00〜 
      (再放送2016年4月21日〜4月27日 22:00〜、土日24:00〜、最終日23:00〜)
      ※ 上演時間 2時間25分(上映時間115分・本篇前後に各15分程度のトーク・予告あり)
      ※ 配信URL→http://kan-geki.com/sp-theatre/

 ③入場料金  無料・カンパ制


SP水曜劇場 今日のウェルカムボード その136

SP水曜劇場第143回・真紅組『夢ばかり』 上映終了致しました!
ご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました!
真紅組得意の時代物。
大阪が明るく活気に満ちていた大正時代に生きた人々を明るく描く青春群像劇、お楽しみいただけましたでしょうか?

放送中に皆様から頂いたツイッタブルツイートをコチラにまとめてありますので宜しければ是非ご覧くださいませ→SP水曜劇場・真紅組『夢ばかり』 ツイート集

また本作品は4月7日から13日まで再放送(平日22時〜、土日24時〜http://kan-geki.com/sp-theatre/)をお送りします。
まだご覧になっていない方、もう一度ご覧になりたい方も是非お楽しみ下さいませ!

そしてSP水曜劇場恒例のfreestyle studio「金毘羅」入り口のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ!


チョークアートNo.135・真紅組『夢ばかり』です。
恒例のnookworksさんが大正ロマンの薫り漂うフライヤーを元に、赤と白の色遣いが鮮烈な印象のチョークアートにして下さいました!
ゲストの皆様と記念撮影!
和装の阿部遼子さんが同じポーズ!w


こちらのチョークアートを使ったスチルを会場にお越しいただいた皆様にはご来場者プレゼントとしてダウンロードして頂けます。
コチラアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。
サイズはチョークアート画像はPCサイズ(1920×1080)、iPhoneサイズ(640×1136)、通常携帯サイズ(480×854)の3サイズになっております。

鑑賞の記念に皆様、是非DL下さいませ〜♪

SP水曜劇場第143回上映&放送のお知らせ


舞台映像上映会&Ustream放送番組

SP水曜劇場

毎月第1・3水曜日 午後8時
http://kan-geki.com/sp-theatre/



【第143回上映作品】真紅組『夢ばかり』

時は大正中頃、大阪は好景気に涌いていた。
大阪の片隅にあるカフェでは、いろんな男女が朝から晩まで入り浸っていた
小説家志望に画家志望、大きな野望に希望をいだいた若者たちが大騒ぎ。
そこへ、場違いの少女が転がり込んできた。
彼女の夢と野望と希望は成就するのか?!

真紅組版大正浪漫青春かもしれない物語、 SP水曜劇場に登場!
ご期待ください。

【作】阿部遼子
【演出】諏訪誠

【出演】
古田里美 野村ますみ 山本美和子 阿部遼子
渡辺ケイ(本若) 中村ゆり(魚クラブ) 福田真紀子
松本祐子(本若) たもつ(シアターOM「うしとら」プロジェクト)
愛飢男 橘耕作(空∞羽) DEW 北島顕 鈴木康平
サシ現真吾 久家順平(舞夢プロ) 永督朗(明朗会計) 

【解説】武信貴行【アシスタント】西川さやか(月曜劇団

【上映概要】

 ①場所 大阪市大阪市ウラなんば・ビアバル・あるか→アるか地下「金毘羅」にて
       (開催場所が以前と変更になっております。ご注意下さい)
 
 ②日時 2016年4月6日(水)20:00〜 
      (再放送2016年4月7日〜4月13日 22:00〜、土日24:00〜)
      ※ 上演時間 2時間15分(上映時間105分・本篇前後に各15分程度のトーク・予告あり)
      ※ 配信URL→http://kan-geki.com/sp-theatre/

 ③入場料金  無料・カンパ制


SP水曜劇場 今日のウェルカムボード その135

SP水曜劇場第142回・時間堂『衝突と分裂、あるいは融合』上映終了致しました!
ご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました!
原発事故と言う難しい問題を扱いながらスリリングでコミカルな娯楽作品としても成立している見事な出来栄え。
原発事故から5年目の今だからこそ過去と未来を自分の事として考える意味でも是非沢山の人に見て頂きたい作品です。

放送中に皆様から頂いたツイッタブルツイートをコチラにまとめてありますので宜しければ是非ご覧くださいませ→SP水曜劇場・時間堂『衝突と分裂、あるいは融合』 ツイート集

また本作品は3月17日から23日まで再放送(平日22時〜、土日24時〜、最終日23:00〜http://kan-geki.com/sp-theatre/)をお送りします。
まだご覧になっていない方、もう一度ご覧になりたい方も是非お楽しみ下さいませ!

そしてSP水曜劇場恒例のfreestyle studio「金毘羅」入り口のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ!


チョークアートNo.134・時間堂『衝突と分裂、あるいは融合』です。
恒例のnookworksさんが硬派でシンボリックなイメージのフライヤーを、シンプルでスマートなウェルカムボードにして下さいました。



こちらのチョークアートを使ったスチルを会場にお越しいただいた皆様にはご来場者プレゼントとしてダウンロードして頂けます。
コチラアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。
サイズはチョークアート画像はPCサイズ(1920×1080)、iPhoneサイズ(640×1136)、通常携帯サイズ(480×854)の3サイズになっております。

鑑賞の記念に皆様、是非DL下さいませ〜♪